y2blog » SONYの小型IoTボード SPRESENSE を入手してみた

2

10

2019

SONYの小型IoTボード SPRESENSE を入手してみた

巷で話題?のSPRESENSEを購入してみた


昨年の夏にSONY Semiconductor Solutionsから SPRESENSE という小型のIoTボードが発売されていたらしいが、先日スイッチサイエンスさんのホームページでこのSPRESENSEの事を知り、そのユニーク(というよりは尖っていると言った方が良いかも)な機能に興味を持った.


スイッチサイエンスさんに SPRESENSE が入荷したようなので、まだ何に使うか決めてはいないが、とりあえず入手して色々と遊んで見ることにした.



たばこの箱ぐらいのパッケー 開封の儀 説明書はSONYらしい 本体基板の裏面 ドッキングした状態 本体基板の表面 本体基板の裏面 拡張基板の表面


今回は、とりあえずSPRESENSEメインボード(本体)と拡張ボードだけを購入した.カメラモジュールやその他の周辺機器も出回っているようなので、必要に応じて買い揃えて行こうと思う.


このボードの特徴はなんと言っても、

    •  ・マルチGNSS受信機能(GPS/GLONASS/QZSSみちびき)

     みちびきは1〜4号機まで受信可能でSLAS(サブメーター級測位サービス)にも対応している


       ・ハイレゾリューションオーディオ機能(192kHz/24bit のオーディオコーデック内蔵)

       ・マルチコアプロセッサ(ARM® Cortex®-M4F 6コア搭載)

  • だろう.SONYなのでハイレゾリューションオーディオ機能に対するこだわりは何となくわかるが、高音質オーディオとはどう考えても相容れない筈のGNSS受信機能が備わっているというのはどう考えれば良いのだろう?



    チップセットの詳細については、
      ・CXD5602GG : https://www.sony-semicon.co.jp/products_ja/spresense/PDF/CXD5602GG_technical_manual.pdf

    を参照すれば概要がわかるだろう.I2S部分の仕様では、I2S0/I2S1 の2系統があり、Master/Slaveの両方のモードが備わっているが、MCLKは24.576MHz(48KHz系列)だけのようだ.


    正直、ハイレゾリューションオーディオ機能はどうでも良い(期待していない)ので、今回はマルチGNSS受信機能に注目して、このSPRESENSEを色々と試してみることにしよう.丁度、トランジスタ技術誌の2019年2月号で、”みちびきXGPS!世界最強1cmナビ体験DVD” という特集記事が出ているので、実にタイムリーだ.


    まだ、SPRESENSEが届いたばかりなので何も手を付けてはいないが、今後折りを見てSpresense関連の話題を採り上げて行こうと思う.


    Local Search

    Calendar

    February 2019
    S M T W T F S
    « Jan    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
  • Blogroll

  • Meta