y2blog » 電子国土 V3 でオープンソース化へ

7

05

2011

電子国土 V3 でオープンソース化へ

電子国土のシステムが次のV3でオープンソース化する予定


国土地理院の電子国土システムはV1.0のWindows上のInternet Explorer専用のActiveXプラグインバージョンからV2.0のWEB API 版を経て、V3.0ではシステムをOSSベースで作り直しオープンソースとして一般に公開するというアナウンスがありました.


勿論オープンソースとして一般に公開するということは歓迎なのですが、単にソースコードを公開するだけでなく積極的にユーザや開発者からの意見を採り入れて、オープンソースプロジェクトとして発展させて行くことを期待します.


新しいソースコードをほんの少し覗いてみましたが、22,000行近くもあったメインのJavascript コード “webtis_limited.js” が機能毎に分割されて大分見やすくなっていました.基本的なAPIは以前と全く同じということなので、できれば再度見直しをして欲しいところです.


システムをオープンソース化して情報がきちんと公開されるようになれば、ユーザの手によってGoogle MapsやYahoo Mapのような機能が追加されて行くことでしょう.


Local Search

Calendar

November 2018
S M T W T F S
« Oct    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  • Blogroll

  • Meta