y2trip » 矢倉沢往還(神奈川県秦野市)

12

06

2009

矢倉沢往還(神奈川県秦野市)

鶴巻温泉→吾妻山→善波峠→念仏山→高取山→小蓑毛→田原ふるさと公園


#01

img_4181 img_4181

#02

img_4182 img_4182

#03

img_4191 img_4191

#04

img_4194 img_4194

#05

img_4197 img_4197

#06

img_4198 img_4198

#07

img_4201 img_4201

#08

img_4202 img_4202

#09

img_4208 img_4208

#10

img_4214 img_4214

#11

img_4215 img_4215

#12

img_4218 img_4218

#13

img_4220 img_4220

#14

img_4227 img_4227

#15

img_4230 img_4230

#16

img_4233 img_4233

#17

img_4235 img_4235

#18

img_4240 img_4240

#19

img_4246 img_4246

#20

img_4250 img_4250

#21

img_4251 img_4251

#22

img_4252 img_4252

#23

img_4255 img_4255

#24

img_4257 img_4257

前日の雨がすっかり上がり、朝から気持ちの良い小春日和になっていたので秦野近郊のハイキングコースを歩いてみた.秦野市は大山の麓に広がる盆地で、市内のいたるところから富士山を眺めることの出来ることを売りにしている.丹沢表尾根への登山口としても賑わっており、土日の朝のヤビツ峠行きバスは大勢の登山客でバスが満員になってしまう.


今回は丹沢登山ではなく、秦野近郊の低い山々を尾根沿いに歩くハイキングコースから富士山を眺めることが目的だったのだが、肝心の富士山は殆ど眺めることができなかった.秦野から富士山をくっきり見るには太陽が東側にある午前中に眺めの良い場所に立つ必要があるのだが、昼前近くになってから家を出たので時間的には遅すぎたようだ.


小田急線を鶴巻温泉駅で降りて弘法の里湯の前を通り、東名高速をくぐり抜け山道に入った.山道と言っても登山道のような険しいところは全く無く、緩やかな広葉樹の森の中を行く道である.足下は昨日の雨でグチョグチョで濡れた落ち葉で滑り易かった.穏やかな日射しに釣られて沢山のハイカーたちとすれ違った.どちらかというと高齢者のグループが多く、体力の衰えた年配の方々にはちょうど良いハイキングコースなのだろう.


善波峠までの道は江戸時代の矢倉沢往還道として賑わっていた歴史のある道で、所々に当時の面影が残っていた.

Map Center : [ Latitude, Longitude , Altitude ]
Zoom Level: ] Grid:
Overlays :   Track    Waypoint    Photo    Grid  
Map Source: Geospacial Information Authority of Japan [ http://www.gsi.go.jp/ ]
General Bathymetric Chart of the Oceans [ http://www.gebco.net ]
Average Speed : 2.75 [m/s], Cumulative Elevation Gains : Asc. 719.83[m] , Dsc. -569.18[m]

Calendar

December 2009
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • リンク

  • Meta