y2trip » 積丹ブルー

9

05

2010

積丹ブルー

積丹半島をぐるっと一周


北海道の9月と言えば季節的には完全に秋の筈だが、この日は朝から晴れて気温も27〜28度くらいまで上昇して真夏のような一日だった.天気が良かったので積丹半島の神秘的な海の色が見たくなり、島武意海岸や神威岬を経由して積丹半島の西側の岩内町まで海岸線沿いにぐるっと一周のプチバス旅行をすることにした.北海道中央バスが発売している『ぐらんぶる・しりべしフリーきっぷ』(小樽から2日間有効で、3,700円)を購入し午前9時発の神威岬行きの便で積丹半島へ向かった.


島武意海岸は日本の渚100選にも選ばれている風光明媚な海岸で、神秘的な積丹ブルーの海と奇岩の海岸線が織りなす光景が何とも言えず美しい.海岸に降りる遊歩道が崩壊していて下まで降りることができなかったことと海の透明度が前日の大雨でイマイチなのが残念だった.


島武意海岸を後にして半島の先端の神威岬へ向かった.土曜日と言うこともあり多くの観光客で賑わっていた.ここから海を眺めていると地球が丸いということを実感できる.


積丹半島の西海岸はほとんど観光客が訪れないが、奇岩の続く海岸線が見事でどことなく秘境的な面持ちがある.昔は道路が整備されておらず陸の孤島的な所だったらしいが、今は立派な国道が整備されている.豊浜トンネルの事故や泊村の原子力発電所の交付金などによって周辺の道路環境が整備されたようだ.老人だらけの過疎の村に場違いなほど立派な箱物施設が建っているのはやはり異様な光景だ.



小樽駅前のバスターミナル

小樽からバスで積丹半島へ


島武意海岸は丘の向こう

島武意海岸はこの丘の向こうに


日本の渚100選に選ばれている

日本の渚100選に選ばれている



積丹岬遊歩道の案内板

積丹岬遊歩道の案内板


狭いトンネルを抜けると

狭いトンネルを抜けると


積丹ブルーの神秘的な海岸が眼下に

積丹ブルーの神秘的な海岸が眼下に



前日の雨で透明度はイマイチ

前日の雨で透明度はイマイチ


海岸に沿って遊歩道が続いている

海岸に沿って遊歩道が続いている


積丹岳と余別岳

積丹岳と余別岳



神威岬

神威岬


展望台から神威岬を眺める

展望台から神威岬を眺める


フェリーが通り過ぎて行く

フェリーが通り過ぎて行く



積丹半島の西側の海岸線

積丹半島の西側の海岸線


一足先に秋が訪れていた

一足先に秋が訪れていた


女人禁制の門をくぐって岬の先端へ

女人禁制の門をくぐって岬の先端へ



積丹ブルーの海岸線

積丹ブルーの海岸線


岬の先端の神威岩

岬の先端の神威岩


西側は美しい海岸線が続く

西側は美しい海岸線が続く



昔の道路の残骸が残っている

至る所に昔の道路の残骸が残っている


新しい橋が架けられていた

新しい橋が架けられていた


原子力発電所の広報施設

原子力発電所の広報施設



前方にニセコ連峰の山々

前方にニセコ連峰の山々


蝦夷富士と呼ばれている羊蹄山

蝦夷富士と呼ばれている羊蹄山


岩内町の観光案内所

岩内町の観光案内所



岩内漁港はひっそりとしていた

岩内漁港はひっそりとしていた


ここは原子力発電所のある街

ここは原子力発電所のある街


夕暮れの田園地帯

夕暮れの田園地帯




 

Calendar

September 2010
S M T W T F S
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • リンク

  • Meta