y2trip » 早戸大滝(大滝新道)

5

08

2011

早戸大滝(大滝新道)

早戸大滝から大滝新道を経て不動ノ峰へ


p1010573 p1010578 p1010580 p1010581 p1010583 p1010585 p1010586 p1010587 p1010590 p1010592 p1010593 p1010594 p1010595 p1010596 p1010599 p1010601 p1010603 p1010604 p1010607 p1010610 p1010612 p1010614 p1010619 p1010622 p1010623 p1010627 p1010628 p1010630 p1010631

丹沢の奥地にあり交通の便が悪いため一般には殆ど知られていないが、早戸川の最上流部に早戸大滝という日本の滝100選にも選ばれている名瀑がある.丹沢の主要登山道である丹沢主脈や三峰ルートからは見ることができないのでこの滝を見るには宮ヶ瀬湖から早戸川に沿って溯行して行くしかない.


早戸川林道を利用すれば丹沢観光センター(現在は廃業)の先の魚止橋までは車で行くことができるが、そこから先は山登り初心者にはちょっと難しいコースが待ち構えている.登山道にあるような一般的な標識は全くなく、所々に付けられた木の枝のマーキングテープやリボン、岩に記されたマーキングのみを頼りにするしかない.途中何度も徒渉を繰り返さなければならず雨上がりなど水量の多いときはとても沢を溯行するのは無理だろう.


この日は連休の最終日で天気にも恵まれていたので、途中10名程と出会ったが中には写真撮影が目的の軽装の人が居て心配になった.早戸大滝を訪れるにはそれなりの山岳装備とある程度の登山経験を積んでからの方が良いだろう.


早戸大滝を訪れた後そのまま元来た道を戻るのも勿体ないので、大滝新道と呼ばれている隠れルートを登って蛭ヶ岳へ向かうことにした.勿論このルートは一般的な登山道ではなく、山岳地図にも載っていないので予め国土地理院の地形図で大凡のルートを下調べしてある.元々は山小屋のスタッフだった人たちが麓との往復のために切り開いたプロのためのルートだと言う.


大滝新道は早戸大滝の上から不動ノ峰の北東尾根に沿って設けられたコースで、大滝から主脈ルートの尾根へ向かう最短コースです.大滝の真上からいきなり100m以上はある急傾斜面の直登がありますが、虎ロープが張られているので何とか登って行くことができます.この急斜面の直登以外は思っていたよりも楽な尾根道で、要所要所の木の枝に赤いマーキングテープが付けられているので迷う心配は少ないだろう.


一般の登山者には決してこの大滝新道を勧めることはできないが、早戸大滝と丹沢主脈の尾根を結ぶ最短ルートとしての利用価値はありそうだ.今回は調査不足のため市原新道と呼ばれている蛭ヶ岳の頂上から降りて行くルートは通らなかったが、また別な機会に利用してみようと思う.


Map Center : [ Latitude, Longitude , Altitude ]
Zoom Level: ] Grid:
Overlays :   Track    Waypoint    Photo    Grid  
Map Source: Geospacial Information Authority of Japan [ http://www.gsi.go.jp/ ]
General Bathymetric Chart of the Oceans [ http://www.gebco.net ]
Average Speed : 1.27 [km/h], Cumulative Elevation Gains : Asc. 943.01[m] , Dsc. -95.16[m]

Calendar

May 2011
S M T W T F S
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • リンク

  • Meta