y2trip » 『山と高原地図』 iPhone アプリ版

4

20

2012

『山と高原地図』 iPhone アプリ版

『山と高原地図』のiPhoneアプリ版がリリース


昭文社の『山と高原地図』は日本で一番ポピュラーな紙ベースの山岳地図で、山登りをする人であれば誰でも一冊や二冊は持っていることでしょう.今回この『山と高原地図』がiPhoneアプリとしてリリースされました.     iPhone版『山と高原地図』     早速AppStoreからiPhoneにダウンロードして無料サンプル地図の高尾山(拡大図)を入れてみました.アプリ本体は無料ですが、地図データを個別に購入する形態です.    


起動画面
起動時の画面

設定画面
各種設定項目

付帯情報
付帯情報も含まれている


 
地図表示画面(標準)
地図表示画面(標準サイズ)


縮小画面
地図を縮小表示させたときの画面

拡大画面
地図を拡大表示させたときの画面


無料サンプルの高尾山(拡大図)は、紙ベースのオリジナル版では縮尺が 1/15,000 で表示されている地図です.本番用の地図は各エリア一部450円で販売されるようです.今回は無料サンプル地図だけしか試していないのでハッキリしたことは言えませんが、iPhoneアプリ版の地図は紙ベースの地図データをそっくりそのまま取り込んだだけのようです.


上記の画面表示画像はiPhone 3GSの画面をキャプチャーしたものですが、ハッキリ言って画質は今イチです.今回のiPhone版アプリの正式対応機種としては iPhone4, iPhone4S ということですので、Retina ディスプレイを前提とした作りなのかもしれません.恐らくiPhone4, iPhone4S ではもっと綺麗に表示されるのかもしれません.地図の拡大・縮小表示は可能ですが、元になる画像は1種類だけで、拡大・縮小に合わせた別解像度の地図画像データが用意されている訳ではなさそうです.画面の表示があまり綺麗でないのはこの辺の事情もあるようです.


地図の画像データのファイル形式は不明ですが、地図のサイズは1エリア40〜50MBだそうです.この範囲の地図画像データをこのサイズに圧縮しているので画像が鮮明でないのは仕方がないのかもしれませんが、画質に関しては正直なところ期待はずれでした.


地図の内容も紙ベースのデータをそのまま取り込んだだけというのも残念なところです.表示媒体の特性に合わせた適切な地図作りをするべきでしょう.折角地図の専門会社が発売するのですから、iPhone用に最適化した地図を出して欲しいところです. このアプリの地図がこれまでの紙ベースの地図の代替として使える訳ではありません.こんな小さな画面では地図のほんの一部の領域しか見ることができません.ルートのプランニングや代替ルート、エスケープルートを検討するには広い範囲を一度に見ることができなければ無理です.iPhoneのGPS機能と組み合わせた簡易GPSナビ機能もありますが、GPSナビとしてはあまり期待しない方が良いでしょう.iPhoneのGPSでは精度その物に問題があります.自分の位置確認がある程度地図上でできる程度のものです.事前に何のプランニングもせずにこのアプリの地図だけを頼りに安易に入山する初心者が増えやしないかと危惧しています.


全体的に見て今回リリースされたiPhone版『山と高原地図』は地図内容、GPSナビ機能とも中途半端で、ちょっと期待はずれでした.次作の改良に期待したいと思います.


Calendar

April 2012
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  • リンク

  • Meta