y2trip » 富士見散歩(三つ峠)

3

23

2013

富士見散歩(三つ峠)

富士山を眺めながらのんびり散歩の筈が...

三つ峠駅(富士急)→三つ峠山(開運山)→木無山→天上山(カチカチ山)→河口湖駅


今週末は日曜日が天気が崩れるというので、土曜日に山へ出掛けることにした.この日は好天は期待できないが午前中は晴れ間が続きそうだったので予てから登ってみたかった河口湖の北側にある三つ峠山に登る事にした.ここからの富士山の眺めは絶品で、NTT Docomoのホームページで美しいライブ映像を見ることができる.


富士山ライブカメラ http://camera.mvkofu.com/cgi-bin/livecam.cgi
三つ峠山登山口までは舗装された道路が延々と続き嫌になる.登山口から暫くは歩き易い山道が続くが、馬返しを越えた辺りから急な登りが続く.急な登りが一段落すると頂上の岸壁を巻くような緩やかな登り道となり、最後の階段を登り切ると頂上の山荘が建つ広場に出る.


三つ峠山は通称名で、開運山、御巣鷹山、木無山を称して三つ峠山と呼んでいるようだ.三つ峠山の頂上という場合は開運山の頂上(標高1785m)を指すようだ.残念ながらこの日は富士山の展望は全く得られなかったので、昼飯を食べただけで直ぐに山を降りることにした.帰りのコースは尾根沿いのコースでに河口湖駅まで行くことにした.このコースはとても緩やかな歩き易い地道で、トレイルランニングの入門用としても最適だと思う.途中一個所だけ分岐個所が有り進路の選択に迷う個所があった.ここには標識や誤進入防止用の柵やロープもなく左下方向の作業道の方が道幅が広く初心者の場合間違えて入ってしまいそうな紛らわしい道だった.確認のためこの左下の作業道と思しき道へ分け入ってみたが、途中から道がハッキリしなくなり最後の方は道の形跡すらなくなり非常に足場の悪い危険な崖になっていた.バリエーションルートとして麓に直接降りる事はできそうだが、とても初心者が歩けるような斜面ではなく、初心者がこの間違った作業道に入り込むととても危険だ.


初心者も歩く一般的な登山道でこのような非常に紛らわしく危険な分岐を放置しておくのは一帯どういうことだろうか.以前東海自然歩道を歩いているときに山梨県に入った途端道が荒れ放題で標識や案内板が殆ど無くなっていたことを思いだした.山梨県の登山道の整備状況はおざなりと言っても過言ではないだろう.富士山を世界遺産に登録することしか眼中になく、他の一般登山道など殆ど感心がないのだろう.


丹沢のような過剰な登山道整備も困りものだが、ゴミ捨て禁止のマナー向上標識なんてアホな物を設置するよりまともな役に立つ案内標識を立てて欲しい物だ.


三つ峠駅 食料と水を調達 三つ峠山を目指して 町営のグリーンセンター 山祇(やまつみ)神社 三つ峠山型公衆トイレ 神鈴の滝 登山道入口 股覗き 馬返し 急なゴロゴロした岩場 絶壁の岩肌 屏風岩 練習用の岩 頂上の山荘が見えてきた 四季楽園 とりあえず開運山へ 開運山の頂上 三角点 GPS精度チェック 雲が... NHKのFM中継送信所 こちらはFM富士 御巣鷹山 広場にはハイカーが 開運山 展望台 木無山の分岐ポイント 緩やかな歩き易い快適な道 眼下には河口湖 三角点 紛らわしい分岐 天上山(通称カチカチ山) ロープウェイ山頂駅 眼下には富士急ハイランド 河口湖 河口湖駅 八十八大師


Map Center : [ Latitude, Longitude , Altitude ]
Zoom Level: ] Grid:
Overlays :   Track    Waypoint    Photo    Grid  
Map Source: Geospacial Information Authority of Japan [ http://www.gsi.go.jp/ ]
General Bathymetric Chart of the Oceans [ http://www.gebco.net ]
Average Speed : 2.91 [km/h], Cumulative Elevation Gains : Asc. 1394.31[m] , Dsc. -1168.40[m]


GPXデータ https://y2lab.org/trip/wp-content/uploads/GPS/Y2013/Mar23Mitsutouge.gpx

Calendar

March 2013
S M T W T F S
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
  • リンク

  • Meta