y2trip » Garmin eTrex30 の修理

11

03

2021

Garmin eTrex30 の修理

Garmin eTrex30 の外皮のゴムが劣化


GarminのGPSはこれまで5台ほど使ってきたが、フィールドに持ち出すのは決まって eTrex30 だけだった.私のGPSの使い方はGPSに表示される地図を見て行動するのではなく、単なるトレースが目的なので画面は小さくても全然かまわない.従って、単三電池2本で連続25時間も記録可能な小型のeTrex30は私の用途に打って付けだった.


初代eTrex30は四国の山中で紛失してしまい、2代目eTrex30へと引き継がれ、その後eTrex30xを追加購入していたが、eTrex30xは画面表示が劣悪で全く使用していなかった.私のメインのハンドヘルドGPSはいまだに、2代目eTrex30だ.


そのeTrex30のケースの防水機能の要であるケースのゴム部分が劣化し、メインの電源スイッチのボタン部分にスッポリと穴が開いてしまった.これではフィールドギアとしては使い物にならないので修理する事にした.


broken eTrex30
電源ON/OFFボタン部分の覆いが破れてポッカリと穴が空いてしまった

とりあえず分解
とりあえず分解してみる

表面
表面

裏面
裏面

LCDの内側
LCDの裏面のシールドカバーを外す

心臓部
内部はこぢんまりとしている


修理と言ってもメーカに出すのではなく、全く使っていないeTrex30xの外側ケースと入れ替えてしまうというものだ.eTrex30とeTrex30xの違いは単にメモリ容量と液晶ディスプレイモジュールの違い程度なので、外側ケースは共通のものだろうということで、両機種をバラして中身のモジュールを入れ替えてみた.


両者のサイズおよび部品レイアウトは全く同一で、何のトラブルも無くすんなりと外側ケースを交換できた.これで暫くは、eTrex30を使い続けられそうだ.



無事換装できた
無事外側ケースを入れ換える事ができた

Calendar

November 2021
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • リンク

  • Meta