y2blog » Digital Audio

Archive for the 'Digital Audio' Category

1

03

2022

DENON DA-300USBの再改造

私のメインのDAC環境は自作機(ESS ES9038Pro、AKM AK4497)を使用しているが、私が購入した唯一の市販品であるDA-300USBの音も結構気に入っている.DENONがチューニングしているので、電源部以外のメイン部分の音質はこのクラスの製品としては上質な物だと思う.

12

15

2021

TASCAM Series 102i の改造

TASCAM Series 102iでは、単一の DC12V ACアダプタ電源から、チャージポンプ方式の電源変換回路を通すことで、デジタル系やアナログ系で必要となる、3.3V/1.8V/1.2V (デジタル系)、+5V/+8V/-8V (アナログ系)の各種電源を作り出している.当然ながら、これらはスイッチング系の電源変換なので、生成される電源は高周波系のスイッチングノイズまみれの汚染されたものとなる.

12

14

2021

TASCAM Series 102i を導入してみたものの...

先日、Sadeの6枚組のLPレコードBOXセットを入手したことをきっかけに、ZoomのハンディーPCMレコーダを(H6)用いて大昔に購入したLPレコードを24bit/96KHz で取り込んで、我が家のディジタルオーディオライブラリに組み入れてた事を紹介した.この自分でデジタイズした音源が思いのほか音が良く、これまでの何百枚ものCD音源の音が貧弱な音に感じるようになったというのが本当のところだ.

9

17

2021

ESS TechnologyのチップがMouser Electronicsから入手可能に

ESS Technologyのチップに関しては、これまで特定の代理店を通じてしか入手することができなかった.NDA締結などの面倒な手続きや代理店との商取引の問題がり、一般のユーザがESSのチップを入手するのは難しかったが、今回Mouser Electronicsを通じて一般に販売されることになり、簡単に入手することが可能となったようだ.

7

26

2020

マルチチャネルデジタル音源を入手

大分以前に、2Lレーベルからサンプル配信されているマルチチャネルPCM音源の話をしたが、今回、マルチチャネルオーディオ再生環境整備に着手したので、先ずは、サンプル音源として入手していたお気に入りの “POLARITY – an acoustic jazz project : Hoff Ensemble” (2L-145-SABD) を正式にダウンロード購入してみた.

6

22

2020

AK4499マルチチャネルDACの自作を検討しているが...

音質面での改良の余地はあるものの、とりあえずES9038DACによるマルチチャネル化は一段落したので、今度はAKMのAK4499 DACチップを使ったマルチチャネルシステムの制作に取りかかることにしようと思う.AK4499 DACチップは1年半前のCESで発表されて話題にはなったものの、実際に製品化された機器は少ないようで、いつの間にか話題にものぼらなくなってしまった.

4

26

2020

PC Engines APU4D4を使ってみた

回は、これまでのAPU2D4からこの新しいAPU4D4にネットワークミュジックサーバを置き換えた様子を紹介する.ついでに、Linux系サーバをこの手の用途に使う場合の最大の悩みどころである電源周りの省力運用化に欠かせない小型UPS(もどき)の自作の様子についても紹介する.

9

29

2019

BeagleBone Botic7環境を自分で再構築してみる(その2)

今回は、Robert C. Nelsonさんが公開しているBeagleBoneカーネルに対して、Mieroさんがカーネルを”Botic7″ 化するために追加した部分を中心に、その概要を説明することにする.

9

06

2019

AKM AK4499 がDigi-Keyから供給開始

Digi-KeyでAK4499の供給が開始 年末年始に旭化成エレクトロニクスからアナウンスされていた、電流出力タイプのプレミアムDAC ”AK4499″ の一般向け供給がようやく開始された模様.値段は1個買いの場合で、$83.7 なので AK4497より3割くらい高いようだ.もう少し安ければ試しに購入してみても良いが、0.4mmピッチの128pinのHTQFPパッケージなんて手作業で半田付けするのは大変そうだ. 一個買いの単価で US $83.7 程で売られている(在庫0なので安定供給はまだまだ先かな)

9

01

2019

BeagleBone Botic7環境を自分で再構築してみる(その1)

今回は、”Botic7″環境を完全に自分で作り直すための準備として、先ずは”Botic7″のフリーズバージョン(v4.8.13-rc3)を自分の開発環境上で再現して見ることにする.

Calendar

January 2022
S M T W T F S
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • Blogroll

  • Meta