y2trip » 電子国土WEB地図用WordPressプラグイン

2

18

2011

電子国土WEB地図用WordPressプラグイン

電子国土WEB地図上にGPSトラッキングデータをトレースしてみる


Map Center : [ Latitude, Longitude , Altitude ]
Zoom Level: ] Grid:
Overlays :   Track    Waypoint    Photo    Grid  
Map Source: Geospacial Information Authority of Japan [ http://www.gsi.go.jp/ ]
General Bathymetric Chart of the Oceans [ http://www.gebco.net ]
Average Speed : 3.53 [km/h], Cumulative Elevation Gains : Asc. 5.40[m] , Dsc. -2184.06[m]



GPS(GPXファイル)データのトラックを地図上に重ねて表示してみる [gpsmap src=”https://y2lab.org/trip/wp-content/uploads/Data/MtFuji2/GotenbaTrail.gpx” delta=50 map_center=”middle” marker_weight=3 provider=CJ3 ]


Google Maps と電子国土WEB地図


国土地理院発行の2万5千分1地形図は日本の地図の基本となるもので、特に山屋さんにとってはその正確さや等高線の細かさなど他に代えることのできないとても大事な地図なのですが、持ち運びや入手の面倒くささなどからどうしても敬遠されがちです.


紙の地図は確かに持ち歩く気にはなりませんが、WEB上で2万5千分1地形図とほぼ同じ物を自由に閲覧することができます.これだと自分の興味のある地域だけをPCの画面上に表示したり部分的に印刷して持ち歩く事ができます.


国土地理院の一般向けの地図情報サービスとしては、
 ・『ウォッちず 地図閲覧サービス』 (http://watchizu.gsi.go.jp)
 ・『電子国土ポータル』電子国土ポータル(http://portal.cyberjapan.jp/
 などがあります.


『ウォッちず 地図閲覧サービス』の方は画面に表示するだけで、通常の方法では印刷ができないのが難点ですが、1/20万地勢図、1/25,000地形図単位で容易に地図を参照することができます.『電子国土ポータル』の方は自分で地図を加工して自分のホームページに載せたり印刷することが可能です.


WEB上の地図サービスと言えば誰しも”Google Maps” というくらい世間一般に知られていて、その普及度や利便性から多くの利用者を有していることはご存じのことと思います.Google Mapsは一般の人が利用しやすいだけではなく、WEBコンテンツを作る側にとっても非常に充実したサービスを提供しています.Google Maps 用のプログラミング用のAPIは優れており、WEBプログラミングの知識があれば専用のカスタムサイトを比較的容易に作成できます.


一方国土地理院が提供しているサービスは、どちらかというと地図業界や自治体、建設土木などの業務用が中心で一般向けのサービスはまだ手薄だというのが実情でしょう.Google とお役所仕事の制約に囚われる国土地理院のサービスを比較するのも酷かもしれませんが、残念ながら国土地理院の一般向けサービスは Google やYahoo!などのサービスと較べると使い勝手が悪く、API等も少し時代遅れの感があります.


電子国土WEBマップではGoogle Maps やYahoo! MapsのAPIのようなサービスは期待できませんが、1/25000地形図という最強の地図情報を利用しない手はないだろうということで、Wordpress(このブログを稼働させているWEBコンテンツ管理ソフトウェア)上で国土地理院の電子国土WEB地図を表示するプラグインを作ってみました.


まだ開発を始めたばかりの初期バージョンなのでまだまだ公開できるレベルではありませんが、そのうち一般に公開する予定です.


一般的な地図を表示する場合は、Google MapsやYahoo! Map が有るので国土地理院の地図を使う人は殆ど居ないでしょうが、山登りをやる人にとってはとても貴重な地図です.電子国土WEBの小縮尺の地図はあまりにも大雑把で使い物になりませんが、大縮尺の地図ではこの地図に勝る山岳地図は無いと言って良いでしょう.
【蛇足】大縮尺地図というのは分母の数値が小さい、つまり地図上では大きく表示される地図だそうです.私は分母の数値の大きな地図を大縮尺(縮尺の度合いを大きくした)地図というのだと勘違いしていました.


サンプルの地図では実際に歩いたルートと記載されている登山道のルートがほぼ一致しています.さすがに国土地理院の1/25000地形図情報ですね!!! (富士山では上空を遮るものや乱反射を起こしそうな障害物が何も無いのでGPSのトラッキングデータも暴れが殆ど無く正確ですね)
 今回はサンプルデータを表示するだけですが、このプラグイン(ソフトウェア)の技術的な情報については IT関係のブログ y2blog (https://y2lab.org/blog)の方で開示する予定です.

Calendar

February 2011
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • リンク

  • Meta